マンション投資の成功は失敗を学ぶこと|投資の経験者は語る

住宅のイラスト

記事一覧

高齢者向け賃貸

シャツの男性

高齢者を受け入れるリスク

賃貸として何かを貸し付けるさいには、その人の支払い能力の有無が、貸し付けるかどうかの判断材料となります。すなわち支払い能力がない、もしくは低い場合には貸し付けないのが一般的です。特に支払い能力がないと判断されるのが、高齢者です。高齢者になると収入が限られるようになりますし、将来にわたって返済できる可能性も小さく、このため賃貸として住宅を貸し付けるさいにはリスクが伴います。しかし高齢者であっても住む場所は必要であり、それらを高齢者向けの賃貸住宅を促進するための制度がいくつか用意されておりそのひとつが家賃債務保証です。家賃債務保証は高齢者を対象にしたもので、将来何らかの理由で家賃の支払いが不能になった場合には最大6ヶ月の滞納家賃が保証されます。

債務保証のメリット

家賃債務保証を利用するにはいくつかの条件をクリアする必要があります。家賃債務保証そのものは財団法人高齢者住宅財団が行っているものです。この団体は高齢者居住法によって設置されたもので、高齢者に対する住宅供給を支援するためのものです。家賃債務保証では、第一に貸し付ける住宅が高齢者円滑入居賃貸住宅に登録している必要があります。第二に利用者が満60歳以上であることが必要になります。家賃債務保証を利用するメリットとしては、低い保証料で最大6ヶ月の滞納家賃が保証されるということがあげられます。これらを利用することで高齢者でも比較的、賃貸住宅を借りやすくなるメリットがありますし、賃貸物件を貸す側も安心して部屋を賃貸として貸すことができます。