マンション投資の成功は失敗を学ぶこと|投資の経験者は語る

住宅のイラスト

記事一覧

空室をなくそう

アパート

入居率が上がります

中古ワンルームマンションや1棟マンションで不動産投資をしていて、空室に悩んでいるようであれば、賃貸管理をしてもらっている不動産会社を変えてみましょう。もしくは、複数の不動産会社に依頼をしてみましょう。賃貸管理を任せる不動産会社を変更したり、数を増やすだけで、入居率が上がることがあります。不動産投資をしている人の中には、賃貸管理はどこの不動産会社に任せても同じと考えている人も少なくありません。しかし、実際には不動産会社によってオーナーに対するサービスも、入居者に対するサービスも大きく変わってきます。現在、不動産会社は賃貸管理にかなり力を入れるようになってきました。これは賃貸管理が安定収益に結び付くからです。

力を入れています

一契約ごとの管理料はわずかでも、件数が増えればまとまった収益になります。売買の仲介はまとまった手数料が手に入りますが、常に新しい売買情報をキャッチしなければなりません。賃貸管理であれば、1回契約をしてしまえば、その後は契約が続く限り、管理料を手にできるのです。そのため、不動産会社の中には入居率を高め、自社の管理がいかに優れているのかということを積極的にアピールしている会社もあります。賃貸管理を任せる不動産会社を選ぶときには、入居率とともに管理戸数もチェックしておきましょう。同じ入居率であれば管理戸数が多い不動産会社ほど、優秀であるということが言えます。まずはいくつかの不動産会社をあたってみましょう。