マンション投資の成功は失敗を学ぶこと|投資の経験者は語る

住宅のイラスト

記事一覧

場所を問わない事業に最適

電卓を持つ男性

コストパフォーマンス重視

リロケーションとは、企業の立地条件を変更することでコストを引き下げることを狙う戦略の一つです。インターネットのビジネスが主流になっている今、事業を行う拠点は、場所を問わなくなっています。不動産価格の高い東京を中心とした首都圏に事業所を置くより地価が安い場所に設置するほうがコスト的には得になります。しかし人材は東京のほうが集まりやすいなど企業で働く人のことも考慮しなければなりません。そのためリロケーションを行うに適しているのは、札幌や福岡など人口規模もそこそこ大きく地価の安い場所が中心となります。実際にコールセンターなどは場所を問わない業種の代表的なもので札幌や福岡に集中しています。このコスト効果は非常に大きいものとなります。

福利厚生の一環として利用

一方で、リロケーションに沖縄を選択する場合もあります。沖縄は地価が安い事も当然ながら、人もそれなりにいます。しかし、地域性の独特な雰囲気などもあるため、沖縄にリロケーションをする企業は限られています。ネットビジネスを中心に行っている会社などは沖縄に設置するケースが増加しています。事業所は東京にもありますが、福利厚生の一環として沖縄の事業所を活用するなど、社員のモチベーションを向上するために使用されるケースが多くなっているのです。大規模な人員を必要とする事業所などには向いていませんが、仕事とプライベートを満喫できる小規模な事業のリロケーションの場としては最適な場所となります。しかし台風などの自然災害も多いため、複数の拠点を利用している場合がほとんどです。